イラストレーターの主な仕事内容・なり方・転職について

イラストレーターの仕事内容

パソコンイラストレーターはクライアントの要望に合わせたイラストを作成するプロの絵描きです。

作成するイラストの種類は雑誌や書籍の挿絵表紙、ポスター、カタログ、パンフレット、ゲームやWebページ用カットなど多岐に渡ります。

基本的に編集者や広告代理店などの依頼主の指示に沿ってイラストを作成する必要があるため、単に画力のみでなく、相手の要望を汲み取って提案する能力が求められます。

広告代理店やデザイン事務所に所属する場合もありますが、フリーで活躍する人が多いのが特徴です。

イラストレーターになるには

イラストレーターになるために必須の資格やスキルはありません。

ですが、最低限のデッサン力や定番ツールであるillustratorやPhotoshopは使いこなせたほうがよいでしょう。

イラストレーターとして最終的に成功するかどうかは本人のセンス次第といえますが、イラスト作成のスキルやテクニックは専門学校や美術系の大学で学ぶことができます。

イラストレーターになるための就職先としては、広告代理店やデザイン事務所が一般的です。

実務の中である程度経験や実績をつんだら、フリーランスとして独立することも可能です。

近年ではクラウドソーシングの普及により、誰でも気軽にイラストレーターとして開業できるようになりました。

そのため、他の仕事をしながら副業として取り組んでいる人も多いようです。

イラストレーターは参入のハードルが低い分多くの競争相手と競うことになりますので、仕事を得るためには自分から作品を売り込む積極性が必要になります。

イラストレーターへの転職

イラストレーターの求人案件の多くは、グラフィックデザイナーへの募集を兼ねています。

グラフィックデザイナーの業務の一部としてイラストレーターが含まれているものが多数ですので、イラストレーターの求人のみを探すよりは、グラフィックデザイナーとの兼務を目指すのが転職の近道でしょう。

たいていはIllustratorとPhotoshopのスキルは必須となっており、ある程度の実務経験が求められます。

未経験からの応募の場合は、作品集をしっかりと作りこんでおきましょう。

イラストレーターへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT