マーケッターの主な仕事内容・なり方・転職について

マーケッターの仕事内容

マーケッター(マーケター)は、商品やサービスのマーケティング活動全般を担当する職種です。

マーケッターというと主に市場調査を行うイメージがありますが、実際の業務は多岐にわたります。

どのような商品をどのターゲットに、いくらでどのような販路を使って売るか、またどのように訴求するかなど、商品を売るための戦略全般を担う重要な職種です。

商品企画もマーケティング活動の一環にあたるため、企業によってはマーケッターが商品企画職を兼ねる場合もあります。

マーケッターの方針に基づき商品企画や宣伝計画、営業戦略が決定しますので、責任が重い分やりがいのある仕事といえるでしょう。

また最近ではインターネットを利用したマーケティングも主流となってきており、Webマーケティングの専門家(Webマーケッター)も職種のジャンルとして確立しています。

マーケッターになるには

マーケッターになるためにはマーケティング理論や統計学の知識があると有利ですが、必ずしも必須というわけではありません。

かつてはMBA(Master of Business Administration)がもてはやされていたこともありましたが、昨今では資格よりも実績が行動力などの実務能力が求められる傾向にあります。

働く場所は一般企業のマーケティング部門や広告代理店、リサーチ会社、コンサルティング会社などがあり、それぞれ業務内容や求められるスキルが異なります。

自分自身が手がけたい仕事の内容に合わせて、就職先を選ぶ必要があるでしょう。

マーケッターへの転職

マーケッターへの転職は、商品企画職や営業職、宣伝部門から転身するケースも多くみられます。

未経験からマーケッターへ転職する場合は、現在の職種における経験がマーケティングのプロセスの中でどのように活用できるかをアピールする必要があります。

ただし、職種のイメージに反して地味な仕事も多くこなさなければならないため、華やかなイメージを求めて転職した場合はギャップを感じることになるかもしれません。

マーケッターへの転職なら・・・
クリエイティブの求人ならリクナビNEXT