ケチャップを最後まで使い切るためのアイデアがすごい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
markusspiske / Pixabay

こんにちは!アイデア総研の持田です。

日常のちょっとした困ったことストレスに感じることはアイデア発想のきっかけになることがあります。

みなさんは、ケチャップやマヨネーズなどのチューブに入っている調味料を最後まで使いきろうと思っても、どうしても少し残ってしまいストレスに感じることってありませんか?

今回はそんな日常のちょっとしたストレスを解消するアイデア商品『フライングソーサーシステム』をご紹介したいと思います。

フライングソーサーシステムとは

みなさんはチューブに残ったケチャップやマヨネーズを最後まで使い切るために、どのような方法をとりますでしょうか。

ぱっと考え付く方法としては、次のようなものがあります。

・とにかく根性で絞る
・お尻からグルグルと巻き取る
・ハサミで切ってスプーンですくう
・空気を入れて逆さにして置いておく
・何らかの液体を入れてからシェイクする

これらの方法は、どれもすぐに実行することが可能です。

ですが、世の中にはこれらの方法では飽き足らず、そのための専用の器具を作ってしまう人がいました。

その器具こそが、今回紹介する『フライングソーサーシステム』です。

使い方

フライングソーサーシステムはイギリスの発明家Richard Fereday氏が開発した、ケチャップを最後まで使い切るための専用器具です。

器具といっても、専用のキャップと塩化ビニル製と紐で作られたスリングの2つで構成された、非常にシンプルなものです。

使い方は非常に簡単!

たった3つのステップで最後までケチャップを使い切ることができます。

フライングソーサー1

まず最初に専用のキャップをケチャップのボトルにとりつけ、ボトルごとスリングの中にセットします。

あとは・・・少なくとも10秒以上、一心不乱にグルグルとフライングソーサーを振り回します

フライングソーサー2
その後スリングからボトルを取り出すと、セットしたキャップにケチャップが溜まっている、という寸法です。

ケチャップ以外にも、マヨネーズや化粧品、歯磨き粉などチューブ状のものであれば使用可能です。

このユニークなフライングソーサーシステムですが、いくつか課題もあるようです。

・使用するために広いスペースが必要
・思いボトル(ガラス製など)には使用できない

これらの欠点を考えても、一度試してみたいですね。

何より、ここまでするのか!というケチャップを使い切るための情熱に脱帽です。

まとめ

この『フライングソーサーシステム』がイギリスの一般家庭に普及するかどうかは現時点では未知数ですが、日常のちょっとしたストレスを解消するグッズが大ヒット商品につながるケースはよくあります。

日本の主婦笹沼喜美賀さんは毎日の洗濯で糸くずや綿くずなどが衣服にくっついてしまい、それを手で取ることにストレスを感じていました。

普通であれば面倒に感じつつもそのままにしておくところですが、笹沼さんは何か良い方法がないかとアイデアを考え、『クリーニングペット』という商品を生み出しました。

この商品はのちに大手家電メーカーなどに採用されて3億円もの特許料を手にすることができました。

クリーニングペットは特殊な技術や素材を使用しないシンプルな器具ですが、笹沼さんと同じようなストレスを感じている多くの主婦の目にとまってヒット商品となりました。

みなさんもぜひ日常のちょっとしたストレスや困ったことに注目し、解決方法を考えてみてください。

思わぬヒット商品を生み出せるかもしれません。

 

source:mail online

人気記事セレクション

1.クリエイティブ職を目指すなら、まずは自分の強みを知ろう

2.クリエイティブ職になるためのおすすめ転職サイトまとめ

3.【保存版】クリエイター・クリエイティブ職の仕事内容・なり方・転職法一覧

4.ゼロから始めるアイデア発想法・アイデアの出し方のすべて

SNSでもご購読できます。