30代・未経験から人気のクリエイティブ職へ転職するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こんにちは、現役人事ライターのhiroki69です。

もう30代になってしまったけれど、昔から憧れていたクリエイティブな仕事へついてみたい。

いまさら未経験の仕事に就職するのは難しいのかな?

転職活動で30代ってどういう扱いになるのだろう。

不安になりますよね。

その不安な気持ち、よく分かります。

でも、問題ありません。

今回は、30代の転職希望者が未経験でクリエイティブな職種につく方法について解説させて頂きます。

少し長くなりますが、最後までお付き合いくださいね。

30代の転職市場での立ち位置とは?

30代の転職市場での立ち位置は可もなく不可もなくというところです。

理由としては、日本の転職市場は基本的に20代を積極的に採用したいと考えており、30代を過ぎると一気にハードルが高くなるためです。

しかし、諦める必要は全くありません。

30代の場合にはこれまでの職歴という強い武器があります。

未経験の仕事への転職であっても、職歴が武器となって効いてきます。

また、現在は人手不足の影響で転職に関するハードルが下がっているため、チャンスが多くあります。

30代の転職に存在する高いハードルとは?

30代の転職に関しては管理職経験が求められるため、20代と比較して転職に対するハードルが高くなります

理由としては多くの企業の社内の人事制度において、32歳前後から管理職についている社員が出現しているためです。

30代の転職に関してはこの管理職経験を持っている人材であれば転職は比較的容易ですが、そうでない場合にはかなり苦しい状況になる可能性があります。

ただし、管理職経験がなくとも社会人としての経験が8年間を超えているため、先述した通り管理職経験に匹敵するコミュニケーション能力があれば転職可能です

管理職の社内における役割を考えれば上手く転職できる!

管理職経験が無い場合でも、高い問題解決能力があれば30代でもクリエイティブ職に転職することは十分に可能です。

社内における管理職(課長・係長などの準管理職)の役割は、社内調整がメインになっています。

社内調整とは、ずばり社内でコミュニケーションをとる事で問題を解決する能力を指します。

クリエイティブ職と問題解決能力はあまり関係がないと思われるかもしれませんが、クリエイティブ職は問題解決能力のあるなしで大きく仕事の成果が変わってきます

エンジニアでも問題解決能力が求められる時代になった。

これまではプログラマや開発などの理系職種はどちらかというと文系的なコミュニケーション能力を求められることは少なく、黙々と自分の仕事に打ち込むスタンスで仕事をすることが許されていました。

しかし、理系技術職やエンジニアの世界でいま求められているのは、これまでの技術一本の社員ではなくコミュニケーション能力と問題解決能力を持って仕事を推進できる人材です。

理由としては、大企業を中心として外国人正社員が社内に当たり前にいるという状況と、正社員以外の雇用形態の従業員の増加により、黙々と仕事に打ち込むことでは仕事が前に進まない状況が常態化していることが挙げられます。

社員に単純に技術力を求めるだけでなく語学力を含めたコミュニケーション能力が必要な時代になっています。

問題解決能力とコミュニケーション能力をアピールすることが出来れば、30代でも転職することは可能です。

30代の未経験転職の需要は?

30代の未経験職種への転職の需要は、現在非常に高まっています。

理由としては、人手不足で20代の若者の採用競争が過当競争の状態に陥っており、企業側が20代の採用を諦めて30代以降のミドル世代の中途採用者の採用に力を入れはじめているためです。

新卒採用で20代が確保できないという状況に焦った企業が、一斉に30代の採用に力を入れているのが現状です。

20代の採用が本当に厳しくなっている。

20代の採用が本格的に厳しくなってきており、企業の採用動向としては20代が応募してくれればそれだけで喜ぶという状況になっている企業が増えてきています。

特にクリエイティブ職に関しては、元々経験者が少ないことも相まって求人需要は20代の採用は厳しくなる一方です。

また転職が容易な20代は採用してもすぐ会社を辞めていく傾向にあるため、定着も難しいという問題に直面しており、30代の採用に本格的に熱が入りはじめています。

30代の転職は、転職サイトを活用しよう!

30代の未経験でのクリエイティブ職への転職は、転職サイトを積極的に活用することをおススメいたします

理由としては、転職エージェントとハローワークでは年齢と未経験という理由で応募前に断られてしまう可能性が高いためです。

転職サイトであれば30代になるまで培った職種経験や、自己PRをサイト上に登録しておくことが可能ですし、場合によっては企業側からスカウトが来る可能性もあります。

転職サイトを活用することで門前払いのリスクをなくすだけでなく、逆にスカウトに期待できる場合もあるため、転職サイトでの転職を進めましょう。

まずは未経験からの転職を得意とするハタラクティブ あたりから転職活動をはじめてみてはいかがでしょうか。

みなさまの新天地でのご活躍に期待しております!

人気記事セレクション

1.全ビジネスマン必見!年収を高めるためのたった一つの近道とは?

2.クリエイティブ職になるためのおすすめ転職サイトまとめ

3.クリエイターに未経験でも転職する方法を人事が徹底解説!

4.【保存版】クリエイター・クリエイティブ職の仕事内容・なり方・転職法一覧

5.ゼロから始めるアイデア発想法・アイデアの出し方のすべて

SNSでもご購読できます。

発想法フォーマットのダウンロード
マンダラートやKJ法のフォーマットを無料配布中!
発想法フォーマット無料配布!
マンダラート.KJ法.ブレストなど