20代が未経験でWEBデザイナーに転職するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こんにちは、現役人事ライターのhiroki69です。

20代で未経験からWEBデザイナーを目指してみたい

未経験でもWEBデザイナーを目指してみたい

新卒で就職した会社に合わなかった。

いまの単調な事務処理ばかりの仕事ではなく、クリエイティブな仕事をしてみたい

営業職をしているけれど、正直言ってこの仕事は自分のしたかった仕事ではない。

本当に転職できるのかな?

考えれば考えるほど不安になってきてしまう。

その不安な気持ち、とてもよく分かります。

でも、問題ありません。

20代でWEBデザイナーに未経験で挑戦したいと思ったら、ぜひ、挑戦してみて下さい。


今回は20代で未経験からWEBデザイナーになる方法について具体的に解説いたします。

少し長くなりますが、最後までお付き合いくださいね。

WEBデザイナーの仕事内容とは?

WEBデザイナーの仕事内容は多岐にわたりますが、代表的なものはインターネット上のサイトのデザインの作成です。

WEBサイトの構成やレイアウトを決めたり、サイトのボリュームを調整するなどが主な仕事内容となっています。

また、WEBサイトのコーディングなども行うため、プログラミングの知識も要求されます。

とてもクリエイティブな仕事のイメージがあるため、未経験でも転職できるのかという疑問が沸くかと思いますが、多くは未経験から採用されています

WEBデザイナーに求められている資質とは?

WEBデザイナーの仕事はデザインを作る事だけにとどまらず、顧客との交渉を行ったり、折衝の業務が多い仕事でもあります。

単純にただWEBサイトを作成するのではなく、お客様の求めているニーズを把握する能力や納期に柔軟に答えるなど、付随した業務がたくさんあります。

つまりは、コミュニケーション能力が一番大切になってきます。

未経験でWEBデザイナーに転職したいと考えたときには、このコミュニケーション能力が最も重要となってきます

WEBデザイナーの仕事に、資格は必要なのか?

WEBデザイナーの仕事に資格は特に必要ありません。

確かにプログラミングなどが多少あるため、知識などはあるに越したことはありませんが、基本的に日本企業は資格よりも本人の資質などを職歴などから判断して採用するため、特に気にする必要がありません。

どうしても不安な場合には、資格学校などを利用して会社がお休みの日に自主的に勉強をするなどして意欲を示すことも大切ですが、大きく気にする部分ではありません。

20代であれば未経験であっても転職市場では採用されやすい

ズバリ、あなたが20代であれば未経験でもWEBデザイナーに転職しやすいでしょう。

理由としては、20代であれば実務経験を積ませて戦力にした方が早いと考える企業も多いためです。

20代は仕事に関しは吸収力の高い年齢であり、まだこれから業務経験を積ませて定年までのキャリアパスを構築する余裕があります。

20代で転職を考えたとき、正社員として65歳の定年までまだあと30年以上の業務経験を積む余白があります。

20代の場合は、未経験から転職しても転職先で経験を積んで戦力化しても大丈夫と考える企業も多いのが実情です。

経験者を嫌う企業もある。その理由とは?

日本の企業では新卒一括採用がまだまだ根強いため、他の会社のやり方を覚えてしまった経験者を「扱い辛い」と感じて採用しない企業もあります。

経験者にはもうすでに仕事のやり方が頭に染み付いているため、一定期間は頑張れたとしてもそれ以上のスキルアップが難しくなるケースもあります。

それに加えて素直さがなくなってしまっているケースも多く、管理職のいう指示よりも自分の過去のやり方を踏襲してしまったり、昔の会社の業務を引き合いに出してしまったりと、なかなかうまくいきません。

20代であれば素直さがある上に、経験がなければまだまだこれから仕事を覚えるという段階での採用になるため、企業から見ても採用ニーズが高いのです。

20代での転職に関しては、特にその傾向が強いため、経験がないからといって応募をためらうよりも積極的に応募するようにして下さい

特に20代で未経験からクリエイティブな仕事を志す人達に伝えておきたいのですが、実は日本の企業は経験のあるなしだけで採用している会社は本当に少ないのです。

経験はあるに越したことはありませんが、経験があるだけで確実に採用されるのであれば面接をする必要すらありません。

経験だけで採否を決めてしまうのであれば、書類選考だけで十分に採用が出来てしまうはずです。

最終的には企業と個人のマッチングが一番大切になってくるのです。

転職サイトを活用して、内定を獲得しよう!

20代から未経験でWebデザイナーを目指すのであれば、転職サイトを活用して内定の獲得を目指すことをおススメいたします

転職サイトの特性として、未経験の求人に応募しやすいという点があります。

転職エージェントやハローワークでは未経験の求人への応募を検討したときに、企業の採用担当者ではなく転職エージェントやハローワークの窓口職員に応募を断られてしまうリスクがあるためです。

転職サイトであれば企業の担当者に直接応募することが可能なため、未経験でも応募しやすいのです。

まずは未経験からの転職を得意とするハタラクティブ あたりから転職活動をはじめてみてはいかがでしょうか。

みなさまの転職活動がうまくいくことをお祈りしております。

人気記事セレクション

1.全ビジネスマン必見!年収を高めるためのたった一つの近道とは?

2.クリエイティブ職になるためのおすすめ転職サイトまとめ

3.クリエイターに未経験でも転職する方法を人事が徹底解説!

4.【保存版】クリエイター・クリエイティブ職の仕事内容・なり方・転職法一覧

5.ゼロから始めるアイデア発想法・アイデアの出し方のすべて

SNSでもご購読できます。

発想法フォーマットのダウンロード
マンダラートやKJ法のフォーマットを無料配布中!
発想法フォーマット無料配布!
マンダラート.KJ法.ブレストなど