本当に”すごい”アイデアを発想するための極意7か条

Sierra_Graphic / Pixabay

こんにちは、アイデア総研の創田です。

アイデア総研で紹介しているさまざまな発想法を用いることで、”良いアイデア”を得ることはさほど難しくないと思います。

ですが、誰もがうなるような”すごいアイデア”というものはなかなかお目にかかれるものではありません。

続きを読む

あなたの上司はどのタイプ?決裁者の性格別プレゼンのコツ

Unsplash / Pixabay

こんにちは。アイデア総研の創田です。

企画に携わる仕事をしていれば誰しも、一生懸命作成した渾身のプレゼンが不発に終わり、ガックリと肩を落とした経験が一度や二度はあると思います。

そんなときは、きっと「なんであの人はわかってくれないんだ?」と決裁者の判断力を疑いたくなることでしょう。

確かにプレゼンの良し悪しの評価は、誰もが公平な基準で点数化できるようなものではありません。

ですので、少なからず決裁者の個人的な”好み”や”性格”のフィルターがかかってしまうのは仕方がないことかもしれません。

本来プレゼンはコンテンツ(企画内容)が全てなので、中身が悪くて採択されなかったのであれば仕方がないところですが、それ以外の部分でドロップしてしまったとしたら非常にもったいないことですよね。

続きを読む

スティーブ・ジョブズに学ぶ!2×2マトリックス法による発想

スティーブ・ジョブズのイメージ

こんにちは、アイデア総研の創田です。

企画に携わる人間で、スティーブ・ジョブズを知らない人はいないでしょう。

Macintosh・iPod・iPhone・iPadといった歴史に残る斬新な商品を数多く生み出し、われわれのライフスタイルをも一変してしまったイノベーターです。

彼の設立したアップル社は、ジョブズなき後も世界で最も価値のある企業としていまなお輝き続けています。

誰も見たことのない新しいコンセプト、斬新なアイデアを次々と生み出したジョブズは、はたしてどのような発想法を用いていたのでしょうか。

続きを読む

ちょっと待って!企画書作成の前に確認すべき12の項目

geralt / Pixabay

こんにちは、アイデア総研の創田です。

もしあなたがあなたの上司に企画書の作成を依頼されたら、きっと張り切ってブレストに取りかかったり情報収集を開始することと思います。

ですが、その前にいったん落ち着いて、”企画の目的”を確認してみましょう。

あなたの考えた企画案がどんなに独創的ですばらしいものであっても、そもそもの目的にあっていなければ良い企画とはいえません。

たとえばあなたがゲームアプリの企画書を作成する場合、もともと開発予算が3,000万円しかない状況で開発に1億円かかる企画案を提案しても、たとえそれがどんなに魅力的で面白そうなプランであっても、実行不可能な無駄な提案となってしまいます。

そのようなことが起こらないように、あらかじめ企画の目的をしっかり確認しておく必要があるのです。

続きを読む

発明王エジソンに学ぶ!誰でもアイデアマンになれる5つの習慣

WikiImages / Pixabay

こんにちは、アイデア総研の創田です。

あなたは世界一のアイデアマンというと、誰をイメージしますでしょうか。

ルネサンス期の万能の天才レオナルド・ダ・ヴィンチをあげるかたもいらっしゃるでしょうし、近年であればアップル社の創始者のひとりでありiPhoneの生みの親であるスティーブ・ジョブズをあげるかたも多いと思います。

ですが、もし世界中でアンケートをとれば間違いなくトップ争いをするのは、発明王として有名なトーマス・エジソンではないでしょうか。

続きを読む

いつものブレストを進化させる”シックスハット法”がすごい

Hans / Pixabay

こんにちは。アイデア総研の創田です。

プランナーのみなさん、毎日ブレストをしていますか?

ブレインストーミング(ブレスト)は数多くあるアイデア発散技法の中でも最も有効な手段として、さまざまな場面で活用されています。

ブレストにおいて良いアイデアを生み出すためには、参加メンバーの多様性が重要なポイントなのですが、会社組織の中ではどうしても同じメンバーで行うことが多くなってしまいます。

メンバーが固定化されてしまうと発想の視点がかたよってしまい、ひとつの方向からしかものを見れなくなってしまうことがあります。

また、毎日のようにブレストをするとマンネリ化してしまい、鮮度の高いアイデアなかなかが出なくなってしまうこともあるでしょう。

続きを読む

いますぐアイデアを出すための”ひらめき”のメカニズム

geralt / Pixabay

こんにちは、アイデア総研の創田です。

あなたも、たとえば月末に迫った大事なプレゼンのための良いアイデアがどうしても出ずに、おもわず頭を抱えてしまった・・・というようなことが一度や二度はあるのではないかと思います。

会社のデスクに座ってウンウンと悩んでいても、なかなか良いアイデアは出ませんよね。
このような状況では、気持ちばかりが焦ってしまい、思うように発想できないものです。

そんなとき、気分転換に友人や家族と遊んでみたり、風呂に入ってリラックスしているときなどに、ふと良いアイデアをひらめいた・・・というような経験はないでしょうか。

続きを読む

あなたも今日からアイデアマン!アイデアの出し方の方程式

アイデアは組み合わせ

こんにちは。アイデア総研の創田です。

世の中には、突如として革新的な新商品やサービスがあらわれ、私たちの生活に大きな変化を巻き起こすことがあります。

それらの革新的なアイデアを見ると、アイデアの発想者はゼロから1を生み出すことができる才能を持った”天才的なアイデアマン”なのではないかと思ってしまいます。

はたして、革新的なアイデアは、何もないところから魔法のように湧き出してくるものなのでしょうか?

もしそうだとしたら、限られたアイデアマンにしか革新的なアイデアを生み出すことができないのでしょうか?

続きを読む

今すぐ覚えよう!アイデアの出し方のたった2つのプロセス

アイデア発想のイメージ

こんにちは、アイデア総研の創田です。

仕事やプライベートの場において、何かしらの企画を考える必要があるときに、なかなか良いアイデアが出ずに途方にくれてしまうことはないでしょうか。

そういう時、ついつい自分にはアイデアを考える才能がないのではないかと思い、落ち込んでしまいがちですよね。

ですが、優れたアイデアを生み出すためには、何も天才的なセンスが必要なわけではありません。

アイデアの出し方のプロセスを理解することで、だれでも良いアイデアを簡単に生み出すことができるようになります。

続きを読む

新米プランナー必読!”究極の企画書”の書き方とは?

握手のイメージ

こんにちは。アイデア総研の創田です。

突然ですが、あなたは企画書の作成が得意でしょうか?

一般に”良い企画書”というと、見栄えの良い洗練されたスライド、豊富で説得力のあるデータ、そしてそれを説明するための身振り手振りを交えた流暢なプレゼンテーションなどをイメージするのではないでしょうか。

それらと比べると、いつも作成している自分の企画書が稚拙で洗練されていないように見えるかもしれません。また、そのような企画書を準備する作業の手間自体を億劫に感じる方もいらっしゃるでしょう。

そういった理由から、企画書の作成自体を苦手と感じているプランナーは驚くほど多くいます。

では、企画を決裁させるための”究極の企画書”とはどのようなものでしょうか。

続きを読む