今日からできる!あなたの創造性を高めるための7つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Baby

こんにちは、アイデア総研の創田です。

世の中には天才的なアイデアマンが存在します。

レオナルド・ダ・ヴィンチやトーマス・エジソン、スティーブ・ジョブズといった優れたイノベーターは、生まれもってのアイデアマンだったのでしょうか。

それとも、彼らの創造性は後天的に努力によって身についたものなのでしょうか。

創造性は才能か努力か、という疑問は、たびたび議論されるテーマです。

今回は海外記事『7 Ways to Boost Your Creativity』より、私たちのような常人が創造力を高めるためのヒントをご紹介したいと思います。

あなたの創造性を高めるための7つの方法

創造性とは生まれもって身につけているものに見えるかもしれませんが、実際には他の多くのことと同様に先天的な要素と後天的な要素のバランスの上に成り立っています。

言い換えれば、創造性は努力によって後天的に高めることが可能なものであり、必ずしも遺伝や才能に依存しないものであるといえます。

幸いなことに、さまざまな近年の研究によって創造力を向上させるための精神的・環境的アプローチが明らかになってきています。

ここではそれらの研究によって明らかになった7つの方法についてご説明したいと思います。

自分自身に制限を設ける

グリーンエッグ&ハムドクター・スース著の有名な『グリーンエッグ&ハム』は、彼の”50未満の単語を使って物語を作れるか”という賭けを実行するために書かれました。

ほとんどの人は、何かを行うときに無意識に”最も容易な方法”を選択してしまい、そのことで創造的なアイデアを生み出すチャンスを損なってしまっているのです。

あなたの脳を限界を超えて発揮させるためには、過去の成功パターンをなぞれないようドクター・スースに習って自分自身に”ある種の制限”をかけてみましょう。

もしあなたがふだん1000の単語でストーリーを書いている場合は、500の単語までしか使用できないように制限してみましょう。

一握りのコードで曲を作り、一握りの色味でデザインしてみましょう。

制限を設けることで、あなた自身の最も創造的な側面を引き出すことができるのです。

問題を再コンセプト化する

多くのクリエイティブな人々は、創造的なプロジェクトを始める前に問題を再コンセプト化する傾向があるということが研究者により報告されています。

かつてアインシュタインが「もし私が問題を解くために一時間を与えられたら、55分を問題について考える時間に費やし、5分を問題の解決に使うだろう」と述べたように、実際に問題を解きはじめる前に問題自体を視覚化し、再コンセプト化することは非常に重要です。

多くの場合、最善のアプローチはあなたのプロジェクトの対象となるユーザーについて想像することです。

彼らは何にインスパイアされますか?

彼らが何を聞くことにうんざりしていますか?

彼らが直面していながらほとんど話題にしない問題は何ですか?

マルチタスクを避ける

カオス何かを創造するために情報を収集しつつアイデアを発想する作業は非常に困難なものです。

研究者たちは、これらの作業をマルチタスク化せずに、情報を”吸収状態”にしておくことを勧めています。

あなた自身のプロジェクトの進行を中断させないために、後に使用するキーアイデア、洞察および役に立つ記事などをEvernoteのやPocketなどのWebツールを使用し、いったん”吸収状態”しておきましょう。

ポジティブに考える

時としてネガティブな考えが創造性に拍車をかけるケースもありますが、研究者達は強いポジティブ状態のときに最も創造的な仕事が行われるということを見出しました。

実際には、愛の感情・もしくは愛情について考えるときに最も創造的な思考が得られるということが示されています。

あなたをポジティブにするトリガー(適度な運動をする、未来を想像する、楽しい記憶を思い出すなど)を用いて、自分自身をポジティブな状態にもっていきましょう。

ポジティブな状態にいることで、あなた自身の最高の創造性を発揮することができるのです。

”もしも思考”をする

「もし~だったらどうなっただろう?」という事実に反する”もしも思考”は、短時間で創造性を高めることのできる方法として知られています。

たとえばビッグバン宇宙論に”もしも思考”を当てはめた場合、「もしサイが家畜として飼いならされた世界になっていたら、第二次世界大戦で勝利するのはどの国だろう」という問題が湧き上がるかもしれません。

もしあなたがそれをもっと現実的なシナリオに”もしも思考”を取り入れたなら、現実的な問題を創造的に解決することが可能になるでしょう。

立ち止まって空想してみる

すでにプロジェクトがスタートしている状況で、いったん立ち止まって空想をすることが創造性の拡大につながります。

なぜなら、空想することはアイデアの卵を孵化させるために有効だからです。

ここで重要なのは、すでにプロジェクトの内容について十分に検討した状態でこそアイデアを孵化させることができるという点です。

ですので、空想をスタートする前に必ずプロジェクトに取り掛かるようにしてください。

自分以外の誰かのことを考える

”心理的な距離”が創造性にとって重要な要素であるということが研究によって明らかになっています。

たとえば、今行っている作業が後に他の誰かによって利用されると聞かされたグループは、多くの斬新なアイデアを思いつくことができました。

反対に、今の作業が後に自分たちのみが利用すると聞かされたグループは、斬新なアイデアが少なかったという研究結果が出ています。

ある実験では、被験者に絵を描かせるときに、描いた絵が後に他の誰かの物語の主題になると聞かされた場合に、より創造的な絵を描いたという結果が出ました。

自分だけのために何かを作る場合は、他の誰かがあなたの創造物を楽しみ、使用し、また生活の一部に組み入れると想像してみましょう。

 

あなたは新しいアイデアを生み出すために、どんなマインドセットをしていますか?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここで述べられた7つの方法は、いずれも明日からすぐにチャレンジできるものばかりです。

あなたがすでに何らかのプロジェクトに取り掛かっており、その中で創造的なアイデアを求めているようでしたら、さっそくこれらの方法を試してみてください。

これらを実際に試してみることで、あなたの創造性は少しずつ確実に高まっていくことでしょう。

 

source:99u.com

人気記事セレクション

1.クリエイティブ職を目指すなら、まずは自分の強みを知ろう

2.クリエイティブ職になるためのおすすめ転職サイトまとめ

3.【保存版】クリエイター・クリエイティブ職の仕事内容・なり方・転職法一覧

4.ゼロから始めるアイデア発想法・アイデアの出し方のすべて

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*