マンダラートとマインドマップのいいとこ取り”はちのすノート”を学ぼう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こんにちは、アイデア総研の創田です。

世の中には数多くのアイデア発想法がありますが、その中でも特に人気のあるメソッドが「マンダラート」「マインドマップ」です。

これらはどちらもアイデアの発散(数多くのアイデアを出すためのステップ)のための発想法で、独自の方法によるメモを取ることで多くのアイデアを生み出すという共通点があります。

今回ご紹介するのは、これら2つのメソッドの長所を組み合わせて生み出された”はちのすノート”という発想法です。

非常にシンプルかつ使いやすい発想法ですので、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

マンダラートのメリット

アイデア発想法のひとつマンダラートは、3×3のマス目の真ん中にテーマを記入し、周辺の8マスにテーマから連想されることば(アイデア)を記入することでアイデアを展開していくメソッドです。

創田
マンダラートの詳しいやり方については”9つのマスから無限のアイデアを生み出すマンダラート発想法”を参照してください。

 

マンダラートの最大のポイントは、ひとつのテーマに対して8つのマスを必ず埋めなければいけないという点です。

どんなテーマでの3つ4つあたりまではスムーズに連想できても、7つ8つと進めていくごとに徐々に苦しくなってきます。

そのような苦しい状況からむりやりひねり出したアイデアに意外性のあるひらめきが生まれやすいことから、マンダラートはすぐれたアイデアを思いつきやすい発想法といわれています。

反面、マスをうめる途中で全く新しいアイデアを思いついたとしても、すぐにそのアイデアを深堀りしにくいという点で、ややスピード感に欠けるという欠点もあります。

マンダラートはじっくり腰をすえて考えるのに適した発想法といえるでしょう。

マインドマップのメリット

一方のマインドマップは、中央においたテーマから好きな方向に枝(ブランチ)を伸ばしてアイデアを展開していくという非常に自由度の高いメソッドです。

創田
マインドマップ(イメージマップ)の詳しいやり方については”【初心者向け】簡易版マインドマップ”イメージマップ”の書き方”を参照してください。

 

マインドマップは制約なくあらゆる方向に自由自在にアイデアを展開できるため、頭に浮かんだアイデアをその場で反射的に書きとめることができる、スピード感のあるメソッドといえます。

一方で”何の制約もなくアイデアを出す”よりも”一定の制約の中でアイデアを出す”ほうがスムーズにアイデアを発想しやすいといわれており、マンダラートと比較して早い段階でアイデアが行き詰ってしまうケースも多く見られます。

このように、すぐれた発想法である”マンダラート”と”マインドマップ”には、どちらも長所と短所があります。

これら両方の長所を組み合わせて生み出されたのが、これからご紹介する”はちのすノート”です。

はちのすノートとは?

はちのすノートは、文字通りはちのす状の6角形のマス目の描かれたノートを用いた発想法です。

マス目をどんどん埋めていくという点でマンダラートに似ていますが、記入する方向に制限がなく自由にアイデア展開できるという点ではマインドマップと似ています。

マス目という制約があるためにアイデアを発想しやすく、また思いついたアイデアをすぐに展開できるという、両者の長所を合わせ持った非常に実用的な発想法です。

ではさっそく、はちのすノートのやりかたをご説明したいと思います。

はちのすノートをやってみよう!

はちのすノートでは、このような6角形のマス目の描かれた用紙を使用します。

やり方は非常に簡単です。

まずはじめに、中央のマスにテーマとなることばを書き出します。

つぎに、隣接するマス目に連想する言葉を書き出します。

その際マンダラートと異なり、必ずしも全方向のマス目を埋める必要はありません。

さらに、記入したマス目に隣接するマスヘ言葉を書き出していきましょう。

すると、マインドマップのように放射状にアイデアが展開していきます。

アイデアを書き出している途中、もしくは一通り書き出した後で、気になるマスやいいアイデアだと思うマスを選び、太い線で囲いましょう。

最終的に線で囲まれているマスのアイデアが、はちのすノートで得られためぼしいアイデアとなります。

上記の例では「貯金箱のアイデア」というテーマに対して

  • お金に食いつく貯金箱
  • 絶対割れない貯金箱
  • 借金できる貯金箱

というアイデアを得ることができました。

ここまで10分もかからず、短時間で実用的なアイデアを生み出すことができます。

創田
オリジナルのはちのすノートでは良いアイデアを書き出すマスがあらかじめ決まっていますが、ここでは最終的にどれが良いアイデアになっても良いようにマス目の区別をなくしています。

 

はちのすノートのポイント

用紙をプリントするサイズにもよりますが、はちのすノートではひとつのマス目が小さいために長文を書くことができません。

そのため、スピーディに頭に思いついた単語を連続で書き込むことができます。

これにより、実際に頭の中で展開される発想のスピードにあわせてアイデアを速記できる点がはちのすノートの最大の利点です。

また、短いフレーズは本来書き込んだ意味と全く異なる意味に受け取ることもできるため、思わぬ発想のヒントとなることもあります。

なおアイデアをページの端まで展開してしまった場合は、新たなはちのすノートをテープで貼り付けてさらに展開させていくとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

はちのすノートはマンダラートとマインドマップの長所をミックスしたものですので、シンプルなやり方ながら非常に実用的な手法となっています。

アイデア発想法には個人によって向き・不向きがありますので、まずは一度チャレンジをしてみてください。

もしかしたら、六角形のマス目のノートが一生手放せないアイデアのもとになるかもしれません。

人気記事セレクション

1.全ビジネスマン必見!年収を高めるためのたった一つの近道とは?

2.クリエイティブ職になるためのおすすめ転職サイトまとめ

3.クリエイターに未経験でも転職する方法を人事が徹底解説!

4.【保存版】クリエイター・クリエイティブ職の仕事内容・なり方・転職法一覧

5.ゼロから始めるアイデア発想法・アイデアの出し方のすべて

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

発想法フォーマットのダウンロード
マンダラートやKJ法のフォーマットを無料配布中!
発想法フォーマット無料配布!
マンダラート.KJ法.ブレストなど